to English Page

研究室のホームページへ

研究室へのアクセス
大岡山キャンパス石川台1号館
【はじめに】
 私たちの研究室は、伝熱学/熱工学の知見や技術を駆使し、産業機械でもの作りを行うスケールから顕微鏡下の大きさに至るまで、様々な現象の観察・検討・モデル化を行っています。その多くは実際の工業/生産プロセスと深く関連しており、得られた結果や新たに発見した事実の中から幅広い応用/適用の可能性があるものについては特許申請も行っています。
 学生のテーマは研究室所属時に大まかな方針が与えられますが、その具体化・発展の方向性は、学生自身の自主性と興味に応じて非常にフレキシブルなものとなっています。目に見えない熱移動を自らの手でコントロールしてみたい人、伝熱制御による新たな機構や機能を創造してみたい人、実際の熱加工プロセスに関わる技術に興味がある人は、是非、当研究室に来てください。
佐藤 勲 教授
Tel: 03-5734-3238
E-mail: satohi@mep.
エネルギー有効利用技術、生産プロセスの伝熱制御、計測工学
教員プロフィール

研究テーマの紹介

二層流動層における伝熱メカニズム解明とその応用展開
溶融樹脂塗布法による大面積微細転写樹脂成形プロセス
超音波を利用した成形樹脂の能動的温度制御
フィラー添加樹脂材料の流動特性と不安定流動発現メカニズムの解明
レーザーによる微細表面自由加工
レーザーとフォトクロミックダイを用いた三次元選択加熱手法
相変化を利用した金型の高速温度制御手法
ガラス製造工程の省エネルギー化を目指した新プロセスの検討
光CTを用いた曲表面温度分布計測
粘弾性体/剛体間の粘着状況と接触熱抵抗に関する研究、他

研究室関係者から一言

教授から学部の学生まで,上下の繋がりを大切にしている明るい雰囲気の研究室です.また,オリジナリティを追求する雰囲気が強く,研究に限らず物事に対する考え方を鍛えたいという人にはぴったりだと思います.(研究室,修士2年生)

じっくりと研究に打ち込めるのは学生の特権です.研究で行き詰まった時にも的確なアドバイスをして下さる先生方,そして自由に議論できる研究室の仲間達,佐藤研には全て揃っています.もちろん研究以外にも楽しいイベントが盛りだくさんでした.(研究室修了生,電機メーカー研究所勤務)

高性能なものは、その姿・形も良いものです。姿・形が良いからといって高性能とは限りませんが・・・機械系エンジニアとして、是非,前者になれるよう、研究室での生活に励みましょう。(研究室,職員)

齊藤卓志 准教授
Tel: 03-5734-3510
E-mail: tsaito@mep.
材料加工の熱工学、レーザー援用工学
教員プロフィール
川口達也 助教
Tel: 03-5734-3090
E-mail: kawat@mep.
熱流体工学、レーザー計測
教員プロフィール

注意)メールアドレスの後ろにtitech.ac.jpを付加して下さい.

高分子材料加工に関するテーマ例:ホットエンボス加工における微細形状転写機構の微視的検討
研究室内で作成したホットエンボス装置(右),マイクロパターンを有するシリコン基板(左上),パターンを転写した成形品の外観(左中)およびその顕微鏡映像(左下)
レーザー援用加工に関するテーマ例:フォトクロミックダイによる吸収係数制御を用いた局所選択加熱
Ar+レーザ(加熱用)とHe-Cdレーザ(励起用)により構成される光学系の外観,局所選択加熱の様子(左上,赤外線カメラ映像)
熱物性利用・測定に関するテーマ例:熱融着を利用したプラスチック材料種判別手法の基礎検討
タッキングメーターのシステム外観(左上),粘着試験に使用される微小銅ビーズとその温度勾配付加装置(右上,左下),高密度ポリエチレンに対する銅ビーズの熱融着パターンの一例(右下)